人とは違うワンポイントのお洒落としてステッカーを利用しよう!

ステッカーで個性を引き出す

インクジェットプリンタを利用してステッカーを自作する方法

自分の持っている小物などをおしゃれに飾りたい場合には、ステッカーを利用する方法があります。
このようなステッカーとしては、市販されている商品を利用する方法もありますが、個性を出すために自作する方法も存在しています。
自作を行うための専用の印画紙も販売されているため、気軽にオリジナル品を用意することが可能です。
手順としては、パソコンでイラストや文字などを加工し、デザインを行うところから始めることになります。
このような加工には、グラフィックソフトなどの専門的な知識が必要となるため、場合によってはフリー素材を活用することも有効となっています。
次に、デザインをインクジェットプリンタで印刷していきます。
専用の印画紙の中には、透明感のあるフィルム状となっているタイプも存在しているため、きれいなオリジナル品を簡単に作ることができます。
このように、インクジェットプリンタを利用すれば、自作のステッカーを簡単に作り出せます。

ステッカーを自作で作るための方法と注意点

ステッカーを制作する場合は、個人で行う事も可能で自作のオリジナルティが高い物も作り出す事が可能です。
これを作り出すためには、プリンターは必ず持ち合わせておかなければなりません、印刷用紙はシールとして貼れる専門の用紙を必要とします。
紙の種類はできるだけ、高品質であるコート紙の様な紙が望ましいとも言えます。
デザインを作り上げるためには、パソコンのグラフィックソフトを利用しますが、ここに注意点があります。
一般的にデジタル画像を編集する場合は、RGBと呼ばれる色で編集をします。
印刷物は主にCMYKと呼ばれる色で出力します。
つまり、ディスプレイで見ている色と、出力される色には違いが現れてしまいます。
自作のステッカーの品質を損ねてしまいます。
できれば、CMYKに変換を行い、編集できるソフトを利用する事が望ましいと言えます。
イラストなどでは無い写真を使う場合は、ホームページなどで利用される低解像度の写真は望ましくは無く、高解像度の写真を利用すれば綺麗に印刷する事が可能です、カッターなどで切れる様に、外枠に線を付けておく事も自作のステッカーには大切です。

recommend

太陽光発電の見積もり

Last update:2017/10/13


PAGE TOP

COPYRIGHT(C) ステッカーで個性を引き出す ALL RIGHT RESERVED