人とは違うワンポイントのお洒落としてステッカーを利用しよう!

ステッカーで個性を引き出す

ステッカーを保護するフィルム加工について

イラストやメッセージなどが印刷されているステッカーはファッションアイテムや広告媒体として用いられることが多く、デザインやサイズが多彩なので自分好みの一枚を選ぶことが出来ます。
上手に活用することでステッカーの魅力を大きく引き出すことが出来る一方で、紫外線や水濡れなどで劣化してしまうことがあるので取り扱いの際には注意が必要です。
特に屋外で使用する機会が多いと劣化が進みやすいので、予めフィルム加工などの予防策を講じる必要があります。
遮光性や撥水性に長けたフィルム加工を施すことによって外部からの刺激に対する耐久性を向上させることが出来るので、お気に入りの一枚を長く愛用することが可能です。
汚れが付着しても染み込まないので拭き取るだけで状態を回復できる他、引っ掻きなどの傷にも強いメリットがありますが、フィルム加工が施されたステッカーは通常の物よりも販売価格が割高になることが多い点を注意する必要があります。

ステッカーに防水フィルムを貼り付ける際の注意点について

ステッカーはデザインや配色が豊富なので自分好みの一枚を選ぶことが可能ですが、貼り付けた場所の環境によっては色落ちや破れなどの損傷が生じることがあります。
特に屋外では風雨に晒されることになるので劣化が早く、原型を留めない程に損傷するケースもあるので予防策が不可欠になります。
お気に入りの一枚を長持ちさせる方法として防水フィルムの使用が挙げられます。
防水フィルムをステッカーに貼ることで表面を水濡れから守る効果があります。
また、フィルムはコーティングの効果もあるので引っ掻きなどの衝撃で傷が出来るのを防ぐこともできます。
ステッカーを長持ちさせる効果がある一方で、貼り付ける際にはシワや隙間が生じる原因になる空気やゴミが混入しないように注意する必要があります。
また、糊が塗布されている面は素手で触ると指紋が付いて見栄えが悪くなる他、指先の汚れが品質を低下させてしまうことがあるので貼り付け作業は慎重に行うように心がけます。

pickup

防カビ剤はこちら

Last update:2017/8/24


PAGE TOP

COPYRIGHT(C) ステッカーで個性を引き出す ALL RIGHT RESERVED